お腹はどうしたら引き締められるか!?

冬から春にかけては、腹を引き締める必要性は特にはないと思っているような人もいます。まだ大丈夫、まだ間に合うと手をこまねいているうちに、冬から春、春から夏へはどんどん季節が移り変わります。

ということで、いつ春がやってきてもいいように、始めて1週間からでも効果がでる、お腹の引き締め方法についてお話しましょう。引き締め方法を理解するためには、筋肉の成り立ちを知っておくことです。

筋肉がなければ、お腹の引き締めをしたくても、効果を得ることはできないためです。輪ゴムのような状態で、筋肉をイメージしましょう。

筋肉が輪ゴムにたとえれるのは、輪ゴムのように、筋肉をぎりぎりまで引っ張ると、エネルギーをかけづけらくなります。つまり、負荷がかかり易くなった時が、最も鍛え易い状態になっているわけです。

お腹以外の部分であっても、重みをかけて縮んだ部分ほど、たくさんの筋肉が必要になり、増強効果が得られます。筋肉は、伸び縮みの動作をよく行わせることで、強化されたり、性能を高めたりします。

筋肉の曲げ伸ばしをきちんと行う習慣をつけることが、お腹の運動ども必要です。ですが、お腹周りの筋肉は脂肪などが多いため伸びにくく、そのため引き締めることが難しいと言えます。

ストレッチを続けているのに筋肉が増強されない人、お腹の引き締めが期待どおりにできない人は、筋肉の動かし方に問題があると考えられます。

どの効果が出ないからと食事のコントロールをしない人もいますが、そりせれだは体重はふえる一方てず。ですから、毎日少しずつでもいいので、お腹の引き締めに効果のあるストレッチなどをしてみましょう。

お腹を引き締めるストレッチ

もしもお腹を引き締めたいという場合、何をすればいいでしょう。ウエストを引っ込めたいのであれば、下腹部の集中的なストレッチ運動などをするといいでしょう。

ここで、ひとつ効果的なストレッチ方法を紹介しましょう。まずは背筋を伸ばして、軽く顎を引いた楽な姿勢で立ってみましょう。次いで、上半身を真横に傾けていきます。

勢いはつけずに静かに行います。上半身を横に動かすことで、脇腹の引き締め効果があるというストレッチ運動をすることが可能です。

このストレッチは、わき腹の筋肉を使っている感覚があることが肝心です。この時にわき腹が伸びた感覚がない場合、引き締めのためのストレッチは失敗してしまっています。

これはお腹の筋肉がうまく伸びていない為です。鏡の前でこのストレッチをすることで、体が真横に倒れていない場合に、どうずれているかを知ることができるでしょう。

体を横に倒しているつもりでいるのに、実は前側に倒れているという人もいます。もしうまく真横に倒せない時は、壁に背中をつけて、壁に沿って上体を真横にそらしてみるとよいでしょう。

背を壁につけながら運動をすることによって、骨盤の傾きなどを把握することもできますので、わき腹の筋肉を使いやすくなるといいます。

ストレッチでわき腹をよく伸ばすことができれば、お腹の引き締め効果も得られるといいます。正しいストレッチを覚えて、効率よくお腹を引き締めましょう。

正しいストレッチ方法でお腹を引き締める

わき腹のストレッチをすることで、お腹を効率的に引き締めることが可能です。上体を横にそらすのは、日頃、滅多にしない運動であり、慣れないと思うようにいきません。

骨盤が開いていると、骨盤が乗っている背骨の向きが自然とずれてしまうということもあるからです。正しいストレッチができていれば、わき腹の筋肉である腹斜筋が伸びて、お腹を引き締める事ができます。

けれども、運動そのものはシンプルでも、思うとおりに体を動かすことは案外と大変です。上体を真横に倒すという簡単な内容でも、なかなか奥深いと感じるのではないでしょうか。

ストレッチでも使うことが困難な筋肉であれば、日々の生活の中で伸ばすチャンスはほぼないものと考えられるでしょう。使用頻度の高い筋肉ならば、ストレッチで動かそうと思った時でも、問題なく動かせるでしょう。

また、お腹は場所的に、脂肪が溜まり易い場所で、脂肪が多いということは、それだけストレッチの効果がでるまで時間がかかるのです。

腹部に蓄積している筋肉を使うためには、どんな姿勢になることでわき腹の腹斜筋が使えるのかを把握することか大事です。たるみが目立ちやすい部位に、お腹周りや、足首があります。

どちらも、筋肉はあるけれど使う機会はあまりないところです。お腹がたるむ原因といわれているのが、猫背です。普段オフィスワークなどをしている時に、猫背になっていることはないでしょうか。

目の前の仕事に熱中するあまり、姿勢の維持を忘れてしまって、猫背体勢になってしまっていることがあります。背筋を曲げた姿勢は、お腹周りの筋肉で上半身を支える必要がないため、お腹の脂肪が前に垂れ下がりやすくなるようです。

そうならないようにするには、お腹を引き締めるエクササイズを、毎日続けるといいと思います。

リンク集